Fusion360にAutoCADデータを活用

 AUTODISKが提供する3D-CAD Fusion360で立体図形を
作っててみて一番感じるのは、スケッチと称する立体図形の元になる二次元図形
の作成が厄介な事である。

単純な矩形や円などの作成は問題なくできても入り組んだ直線や円弧が含まれる
図形の作成はなかなか面倒だ。
そこで考えたのは FusionにはAutoCADの.dwg形式の図形を読込む
(ダウンロード)機能があるので これを活用する事。

即ち
[Fusion360のスケッチ機能は単純図形作成時のみ使い、複雑な図形は
AutoCADで作成したものを活用する事]と 割り切れば3D図形の作成は
かなりやり易くなる。

ダウンロードする AutoCADデータの準備には少々コツが要る
1.AutoCAD側でのデータ準備
 ①アップロードする図形は予め1/1に設定した図枠に収納しておく
  (例えば1/10に設定した図枠に入れた図形を取込むとFusion360側
   で10倍の図形になってしまう)
 ②アップロードする図はブロック図形、ポリラインは不可(3D図作成の際、
  線分が選べない)なので、事前に分解して余計な線、点を消しておく
③図形中心をXY原点に配置しておくとFusion360に読込んだ際、
  図形はXYZ原点に配置されるので便利
 ④ダウロード前の図面から図形以外の物(図枠など)は全て消去しておく

2.Fusion360への読込
 ①モデル画面を開く
 ②データパネルのアップロードアイコンをクリック
 ③アップロードするデータファイルを指定する(.dwg、.dxf 何れもOK)
   ジョブステータスが表示され → 完了で閉じる
④アップロードしたデータは 予め指定したフォルダーに収納される
 ⑤アップロードした二次元CADデータをクリックするとFusion
  360画面(スカルプト画面)に配置される

3.3D図形作成
 ②画面をスカルプト画面からモデル画面に切替てビューキューブで見易い
  位置で表現する
 *スカルプト画面のままでモデル作成をするとカドが曲面になったモデルが
  作成されるので注意
 ③不要な線、図形を右クリックにて削除する
 ④ツールバーを[作成]にして[押出]を指定
 ・対象となる図形をクリックすると図形断面が青くなる
 ・押出距離を入力すると押出図形が作成される
 ⑤押出で作成された3D図形は原点を基準に配置されているので、そこを基準
  にして任意の位置に移動配置できる。

                         H30.7.21

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3D-CAD Fusion360を試す

 同僚から Fusion360という三次元CAD(3D)ソフトを紹介して
もらった、これは二次元CADソフト、AutoCADの会社である Auto
disk社から出している。
この三次元ソフトは1年間無償で使える とのことなので早速試してみた。

私がこのソフトでやりたいのは、
①様々な断面形状を持つアルミ押出し材を組合せて作る商品を立体的に表現する
②アルミ押出し材の断面形状はAutoCADの二次元データ(2D)として既に
 手持しているのでこのデータを生かして使いたい

先ず参考書として次の二冊を買った。
Fusion360  3D-CADリファレンス 吉良 雅貴 著 
Fusion360モデリング・マスター     磯信一著 

これらのの参考書は分かり易く書かれているが、Fusion360のスケッチ
機能で2Dデータを作ってからモデル画面でそれを3D図形にする方法の解説が
主体になっていて外部から2Dデータを読込んで3Dデータを作る解説はない。

金太郎飴を作るように元になる断面形状を引き延ばして立体構造を作る[押出し]
機能さえ分かればそれで良いので 参考書にざっと目を通し ワークスペースの
構成、ツールバーの機能の概略を等を掴むだけで置いた。

毎日始業前の10分間くらいFusion360を使って簡単な形状の作品を
一つ作ってみた。
作品はアルミ材で縁取りした枠の中に樹脂製のハニカムコア材の板をセットした
パーテーションである。
Photo

このソフトで作ったデータはクラウド上に収納され、ソフトの無償使用期間が過
ぎると作成したデータも消滅するので使い勝手を見極め、有償版を使うのか止め
るのか見極めたい。
H28.12.31

| | Comments (0) | TrackBack (0)