« 白井市 河原子の里山風景 | Main | 千葉 八千代市 石神川~尾崎~吉橋 »

工業団地と里山の境界風景

 千葉、白井市の河原子街道沿った白井第一工業団地の南西部は里山との境が複
雑に入り組んでいて興味深い地形だ。
五月の始め千葉レインボーバスの[白井工業団地前]停留所を起点に第一工業団地
から続く南側の里山を歩いてみた。

Img_0698s

バス停の西側、酒類卸問屋倉庫の隣にあるジェコスの工場敷地内には建設用鋼材
を移動させるのに使う大きな橋形クレーンが何台も並びオレンジやブルーの門の
ような躯体がフックを垂らして休憩中。
隣りの枯れた蔓や雑木が放置された荒地の先に綺麗に手入されたグランド、それ
に続く瀟洒なレンガ色の社屋が建つフクダ電子白井事業所のカドから南に折れる。

Img_0706s

道路を挟んで左は梨畑、右は自動車を運ぶ大型トラックが出入する配送センター。
カドを曲がり藤井製作所千葉工場(特殊銅合金)前から南に下がると白井御廟と
いう墓地。
入口の石碑に 
[この周辺の道路は江戸時代 小金牧と下総牧を結ぶ野馬ひき道として栄え 旅人
 の往来も多かった] と記されている。

墓地横から車一台分の幅しかない道を東に入る。 入ってすぐの所に郵便受を備
えたブロック塀に囲まれた空き地がある。以前は住宅だったようで 今、敷地は
畑のようになり、かっての門の脇の樹が伸び放題。

Img_0736s
塀の隣りに か細い赤鳥居がひっそりと立ち その奥に木立に埋もれるように小さ
な祠がコンクリートブロックの上に載っている。

Img_0732s

梨園の入口に屋根を取った以前軽トラだった車両が置いてある。 今はナンバープ
レートを外して機材や梨の運搬にでも使っているらしい。

Img_0738s
 
更に東に進むと 杉木立に囲まれた八幡神社、ここは注連縄のかかった立派な石
の鳥居が二基、厳かな村の鎮守の雰囲気を残しここが工業団地のすぐ横とは思え
ない雰囲気。

Img_0740s

木立と青いネットで覆われた梨畑の間の 行く程に心細くなる道を進むと 雑木
林の中に入ってしまう、そして突然金網フェンスで囲まれた工場の敷地に突き当
たる。

Img_0748s
ここはスタート地点の[白井工業団地前]停留所あったジェコスの工場の南
端にあたる部分で、里山の道はここで分断されている。
フェンスの中に先に見たブルーの橋形クレーンと段積された鋼材が見える。

Img_0750s

フェンスに沿って南側を回り込み畑の間の細道を通り鮮魚街道 富沢果樹園前に出る。

振り返るとクレーンが里山に進軍してくるように聳え、鯉幟がしょぼくれたように垂れ下がっていた。


R2.5.1

Img_0769s

|

« 白井市 河原子の里山風景 | Main | 千葉 八千代市 石神川~尾崎~吉橋 »

水辺の散歩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 白井市 河原子の里山風景 | Main | 千葉 八千代市 石神川~尾崎~吉橋 »