« December 2019 | Main | February 2020 »

横浜 二俣川、帷子川(相模鉄道 二俣川~横浜)

 相模鉄道 二俣川駅から少し東の住宅地のあたりで駅の下を潜っていた二俣川が
姿を現わす。
幅10m程のコンクリート護岸で囲まれた川には水面にオーバーハングした鋼材製の
歩道が設けられ、途中にある昔風のたばこ屋が懐かしい佇まいを残している。

Img_9884s

二俣川の流れは国道16号の高架下を潜りタカナシ乳業横浜工場横から厚木街道の
下川橋の先、旭区役所近くで西から下ってきた帷子川に注ぐ。

二俣川と合流した帷子川は一旦厚木街道の下を暗渠で潜り鶴ヶ峰公園の先で幅20m
程の流れとなって再び姿を現す。この暗渠は延長141.1m、高さ9.6m、幅員16.3m
の[帷子川捷水路トンネル]で1988年3月完成と記されている。

鶴ヶ峰公園から下流に高さも角度もマチマチな橋が三本見える。
手前の一番低い鶴峰橋の横には鶴ヶ峰稲荷神社が祀られ、その次の高いのは国道
16号から降りてくる道路が渡る橋、その後ろが鶴舞橋。 

Img_9895s_20200110101601

鶴舞橋の少し下流側 右岸脇にある帷子川親水緑道に寄ってみる。 
石段を下りると巾着状に曲がる細い池に周囲からの湧き水が流れ込んでいる。ゴイ
サギが羽根を休める水辺には東屋や竹藪、それに小さな吊り橋があり住宅地の中の
静かな日本庭園の趣。昔帷子川が蛇行していた流れの名残を活かし公園としてよく
整備されていて気候の良い時には気持ちの良い散策を楽しめそうだ。

Img_9905s

 ここから下ると嶋越橋で光が丘団地方面から南下して来た帷子川支流が合流し、
その先愛宕橋と下中田橋の間に水門が設けられている。
「ここから帷子川分水路が設けられトンネルにより下流に流下させるようになり
 大水が出た際の安全度が飛躍的に向上した」と その下流側にある和田町駅前の
説明版に記されている。

西谷駅手前で相鉄線の高架下を潜ると逆田橋公園。ここも昔の流れが蛇行していた
跡を公園にしたような地形で、ベンチに座ると右手に東海道線、左手に相鉄線の走
るが眺められて見飽きしない。

Img_9946s

逆田橋公園から新幹線の高い高架の下を通り下流方向に進む。

右岸は高い崖が続き昨年秋の台風の風雨の被害の跡だろうか崖上から倒れた樹が

通路を塞ぎ当時の風雨の凄さを伝えているが、住宅地に氾濫被害が無かったのは

[帷子川分水路]が有効に機能したからだろう。

Img_9943s

川島小学校近くに小さな田圃があり[ほどがや・元気村]の表示と説明板があり、昔
の谷戸の面影を僅かに残している。

環状2号線の下を潜り右岸を進むと、また崖が迫り水辺に沿った道は無くなってし
まった。

Img_9975s

崖に建つ住宅の間の急坂を上がると坂の上に川島稲荷神社がり、そこの案
内には次のように記されている。
___________________________________
 川島稲荷神社は、今から二百年以上前、江戸時代の享和三年(1803)に建立されま
した。
その頃この一帯に住んでいたご先祖様たちは、坂の多い土地を段々畑や棚田にして
作物を作っておりました。 そして五穀豊穣による実り豊かな生活を祈願するため
稲荷神社を建てたと言われています。
ここは、かって稲荷谷戸と呼ばれていたように農作業に貴重な湧水が豊富でした。 
___________________________________

川島稲荷から降りて西谷浄水場からのバス路に出ると全面壁と屋根に覆われた道路
の下を通る、道路のように思ったのは後で調べるとJR貨物横浜羽沢貨物駅から出
てきた高架線路だった。

 上星川駅前から和田町までの間、川を建物が取り囲むようにして建っているが、
その後また水辺の道に戻り平和橋の先で横浜新道(国道1号)を潜る。
星川駅を過ぎ天王橋の先で流れは左に大きく曲がり南から来た今井川と合流する。
相鉄線も川に合わせるように曲がって西横浜駅からJR東海道線に平行して走る。

Img_0018s

社宮司公園から水道橋の先にある国道16号の尾張屋橋に上がって辺りを眺めると、
すぐ目の下に石崎川が分かれ、北に延びる水面には古河電工横浜研究所のビルが

映っている。
沼の橋の先 右岸に東京ガスの球形タンクが見えてきたあたりの地盤は海抜0.5m
と表示され、帷子川に沿って走っていた相鉄電車も横浜駅終点となる。帷子川は駅
の下を潜って横浜そごうの先で横浜港に入る。

R2.1.3

Img_0039s

| | Comments (0)

« December 2019 | Main | February 2020 »