« 近江八幡 八幡堀 | Main | 神崎川(阪急京都線 相川~ 宝塚線 三国) »

東近江 五箇荘を訪ねて

 東海道新幹線の米原~京都間の中程で車窓から一瞬[天秤の里]の看板が見える。

以前から気になり一度訪ねてみたかった。

米原で乗換えた近江鉄道の2両編成ワンマン電車は高宮から新幹線と平行に走り、
愛知川を渡り五箇荘に着く。

Img_9082s
乗降ホームは簡素だが駅舎は二階建ての醸造蔵風、中央に六角形小塔の突出た

立派な作り、以前は駅員が勤務していたと思われるが今は無人。

駅舎の前に[白壁と蔵屋敷の町、近江商人発祥の地]の地図入り案内板があり

愛知川と繖山(きぬがさやま)に囲まれた一帯の地図看板が示されている。

愛知川に注ぐ大同川を渡り行田(ゆきた)電線前を北西に進む。
繖山と黄金の稲田を見ながら歩いていると金木犀の香る風が吹いて来た。

Img_9099s

最初に訪れたのが近江商人屋敷 藤井彦四郎邸。
この屋敷の元主は藤井糸店を創業し財をなしたとの事で、立派な門構えの奥に瓦葺
きの屋敷が控えている、今日は閉館日で門の外から眺めるだけ。

Img_9102s

ビルの上に和風建築を載せたような観峰館の前から南西に向かうと瓦葺き長屋門風
の五箇荘小学校の正門、その大木戸はキッチリ閉じられている。

Img_9109s

校舎は換気小屋を載せた瓦葺き、校庭から生徒の声で校内放送が聞こえて来た。

白壁蔵作り風の近江商人博物館のカドを回って金堂地区に入る。

[五箇荘金堂の町並み]
近江商人の本宅群とこれを取り囲む農村集落の景観は国の重要伝統的建造物群

保存地区に選定されています。愛知川の伏流水を水源とする湧水から集落内を巡る

水路に澄んだ水が流れ、暮らしの中で利用されてきました。 集落を巡った水は周

辺の水田を潤し、湖東地域特有の農村風景を生み出してきました。

_________________________________

 

大杉に囲まれた大城神社に立寄る。本殿の前に立派な屋根構えの山門、床を張

れば豪壮な神楽殿になりそうだ。

Img_9123s

近江商人屋敷前バス停左の静かな通りに 浄栄寺、弘誓寺が並び門前の堀割に

大きな錦鯉が泳ぐ愛知川の水の恵みを感じる風景。

Img_9137s

近江商人屋敷の通りに入るとタバコ屋、白壁の蔵、カンコ―学生服の幟旗を出した
店などが並び道路脇に用水路、ずっと先に和田山の緑を望む昔どこかで見たような
懐かしい街並み風景が広がる 

Img_9150s

 [近江商人とは近江で商いを行う商人ではなく、近江を本宅・本店とし、他国へ
 行商した商人の総称でそれぞれ特定の地域から発祥し、活躍した場所や取り扱う
 商品にも様々な違いがある]との事。

外村繁文学館前を通りJAライスセンターから北に聳える和田山を見ながら駅に戻
る。
五箇荘駅ホームで八日市行の電車を待っていると、上り新幹線が一瞬で通過して
行った。

                       R1.10.15

Img_9189s

|

« 近江八幡 八幡堀 | Main | 神崎川(阪急京都線 相川~ 宝塚線 三国) »

水辺の散歩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 近江八幡 八幡堀 | Main | 神崎川(阪急京都線 相川~ 宝塚線 三国) »