« 千葉 村田川源流 | Main | 落合川上流端(西武池袋線 東久留米) »

三島 源兵衛川

 西伊豆旅行の帰途、三島の源兵衛川を訪ねた。
伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島広小路で下車。順番待ちの客で立て混んでいる鰻屋
の先に幅10mほどの浅い川が三島側から修善寺方向に流れている。

案内板の地図に、これが源兵衛川で三島楽寿園の小浜池から流れを発し三島市街
を南下し中郷温水池に到る、と示されている。
その先をGoogle地図を調べると源兵衛川は中郷温水池から大場川に注ぎ、
大場川は狩野川に合流し沼津の海に注いでいる。

サラサラ流れる源兵衛川の下流右岸にイチョウ並木と奥に三石神社。
上流側、県道22号道路とその北側の鎌倉古道の間の両岸には民家が競り出すよう
に迫っている。

Img_8402s

 コミュニティーホール(Via701)のカドから北に進み鎌倉古道 広瀬橋の手前で
再び源兵衛川の流れに出る。

Img_8404s
鎌倉古道を横切った所に[平成の名水百選 源兵衛川] の標識があり、そこ先の
左岸は玉石を敷き詰めた遊歩道。

Img_8406
入口の手押しポンプの冷水で腕を濡らし汗を流してから上流側に進む。
渓谷の雰囲気の流れの中には貴船の川床のような台が設けられ、座って足を清流
につけている人、網で魚を探す子供など夫々涼しいひと時をたのしんでいる。

Img_8417s

150m程進むと左岸の遊歩道は行き止まり、そこから先は川の中の苔むした飛
び石。

Img_8418s

 足元に気を付けながら飛び石を進んでいると水辺のカラーの白とアジサイの淡
青に暑さを忘れる。
上流側の小さな橋の横から双子の女の子とお父さんが足のくるぶし程の深さの流
れの中を歩いてきた。

Img_8425s

広瀬橋から泉橋までの僅か250mにも満たない水辺の遊歩道だが街中とは別世界の
清流の散歩で爽やかな気分になった。

途中の解説板によると
・源兵衛川は富士山からの湧水を源流とする全長1.5Kmの農業用水路で昔は川沿

   いの多くの家々にはカワバタ(川端)が備わり生活用水として使われていた。
・昭和39年以降、上流地域での産業活動の活発化により地下水が汲上げられ、
 雑排水の流入やゴミの投棄も加わり、環境悪化が進み源兵衛川を暗渠にする計
 画も検討された。 
・平成4年にグラウンドワーク三島が結成、地道な環境改善活動が続けられ、
 平成28年に国際灌漑排水委員会の「世界灌漑施設遺産」に登録されるように
 なった。

地域の人々の絶間ない環境改善活動のおかげで人工とは思えない野趣豊かな水辺
の散歩を楽しむことができた、梅花藻の花が見られる時期にはもう一度訪れたい
川である。

                         R1.7.22

Img_8430s

|

« 千葉 村田川源流 | Main | 落合川上流端(西武池袋線 東久留米) »

水辺の散歩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 千葉 村田川源流 | Main | 落合川上流端(西武池袋線 東久留米) »