« June 2019 | Main | September 2019 »

三島 源兵衛川

 西伊豆旅行の帰途、三島の源兵衛川を訪ねた。
伊豆箱根鉄道 駿豆線 三島広小路で下車。順番待ちの客で立て混んでいる鰻屋
の先に幅10mほどの浅い川が三島側から修善寺方向に流れている。

案内板の地図に、これが源兵衛川で三島楽寿園の小浜池から流れを発し三島市街
を南下し中郷温水池に到る、と示されている。
その先をGoogle地図を調べると源兵衛川は中郷温水池から大場川に注ぎ、
大場川は狩野川に合流し沼津の海に注いでいる。

サラサラ流れる源兵衛川の下流右岸にイチョウ並木と奥に三石神社。
上流側、県道22号道路とその北側の鎌倉古道の間の両岸には民家が競り出すよう
に迫っている。

Img_8402s

 コミュニティーホール(Via701)のカドから北に進み鎌倉古道 広瀬橋の手前で
再び源兵衛川の流れに出る。

Img_8404s
鎌倉古道を横切った所に[平成の名水百選 源兵衛川] の標識があり、そこ先の
左岸は玉石を敷き詰めた遊歩道。

Img_8406
入口の手押しポンプの冷水で腕を濡らし汗を流してから上流側に進む。
渓谷の雰囲気の流れの中には貴船の川床のような台が設けられ、座って足を清流
につけている人、網で魚を探す子供など夫々涼しいひと時をたのしんでいる。

Img_8417s

150m程進むと左岸の遊歩道は行き止まり、そこから先は川の中の苔むした飛
び石。

Img_8418s

 足元に気を付けながら飛び石を進んでいると水辺のカラーの白とアジサイの淡
青に暑さを忘れる。
上流側の小さな橋の横から双子の女の子とお父さんが足のくるぶし程の深さの流
れの中を歩いてきた。

Img_8425s

広瀬橋から泉橋までの僅か250mにも満たない水辺の遊歩道だが街中とは別世界の
清流の散歩で爽やかな気分になった。

途中の解説板によると
・源兵衛川は富士山からの湧水を源流とする全長1.5Kmの農業用水路で昔は川沿

   いの多くの家々にはカワバタ(川端)が備わり生活用水として使われていた。
・昭和39年以降、上流地域での産業活動の活発化により地下水が汲上げられ、
 雑排水の流入やゴミの投棄も加わり、環境悪化が進み源兵衛川を暗渠にする計
 画も検討された。 
・平成4年にグラウンドワーク三島が結成、地道な環境改善活動が続けられ、
 平成28年に国際灌漑排水委員会の「世界灌漑施設遺産」に登録されるように
 なった。

地域の人々の絶間ない環境改善活動のおかげで人工とは思えない野趣豊かな水辺
の散歩を楽しむことができた、梅花藻の花が見られる時期にはもう一度訪れたい
川である。

                         R1.7.22

Img_8430s

| | Comments (0)

千葉 村田川源流

 梅雨の時期、雨のない涼しい日を狙って千葉の二級河川村田川源流を訪ねた。

五年ほど前に村田川河口付近の千葉市浜野から流れを遡り中流の瀬又橋まで歩い
た事があるので、今回はそこをスタート地点にして源流方向を目指す。

JR外房線 誉田駅南口より県道128 日吉誉田線を南下、中部紙工の工場横を過
ぎると千葉市緑区から市原市に入る。 道路は村田川までずっと下り坂が続き谷
間に向かって地形がV字断面なっている事が脚の軽やかに動きで分かる。

Img_7988s

源入坂の大きなカーブから 人の気配の無いNTTの電話交換センターを過ぎる
と村田川に架かる新瀬又橋に出る。

Img_7999s

新瀬又橋の上流にある川崎橋から先は整備された堤防法面と散歩に適した土手道
が無く、源流方向を目指すには流れから草叢を隔てた森の裾に沿った道を進まざ
るを得ない。

Img_8012s

農道を歩いている内、時折 雑木に囲まれた村田川を横切るが、水面近くまで草
に覆われ水面と岸との境が分からない。

イノシシ捕獲用の檻罠が仕掛けられてある雑木林の間を抜けると田圃が広がり、
毛足の長い緑の絨毯のような水田の周囲は電気柵で囲われ所々に小さなソーラパ
ネルを備えたセキュリティ機器が設けられている。

Img_8023s

水田を跨ぐ千葉外房道路の下を進むと再び千葉市緑区に入る。

越智ポンプ場の先、大藪池に繋がる水路脇で雉が一羽、草叢を散歩、近くの東亜
燃料販売店の前ではガスボンベで作られたユーモラスなロボットがご愛敬。

Img_8042s

Img_8045s

 

大橋という小さな橋の先に突然サイロとスレート屋根の建物が出現、中に乳牛が
ひしめいている。

善徳寺前を過ぎ大木戸橋の辺りに来ると川幅が広がり護岸がしっかり整備され欄干
に しっかりと二級河川村田川の標記。

土気駅前から下ってきた公園通りの新大椎橋が川のはるか上を跨ぎ、その下の淀
んだ流れに亀が浮かんでいる。

Img_8085s

ペット霊園前から万集山長光寺、郷土橋を経て県道132 板倉に出る。
板倉から水路のように細くなった流れに沿い東に進むと北の高台に土気あずみ
が丘の住宅地が見えてくる。

Img_8117s

丘の周囲に沿って進み三峰神社の鳥居を過ぎると水辺の郷公園に到着、草叢の中
に村田川の源流の一つの池が水を湛えている。

公園全体が低地で大雨が降った時には池の周りの遊歩道も水没する谷底地形で 
あずみが丘地域の遊水地の役目を果たしているようだ。

Img_8131s

公園のヤマモモの木の下を歩いていると曇天の空から小雨が落ちてきた。

                         R1.7.13

 

| | Comments (0)

バラ園 梅雨景色(アジサイと百合)

 五月上旬から六月中旬まで多彩なバラの競演をたのしむ見物客で賑わった千葉
八千代の京成バラ園は梅雨終盤のこの時期になると静かな佇まいで雨の日は人影
も少ない。

この雨の時期はバラ園の奥、昔の谷戸の面影を残す池の周りに植えられた多様な
紫陽花が咲き揃いバラの華やかさとは違った控え目な色どりが爽やかだ。

Img_7919s

Img_7920s

Img_7922s

Img_7927s

アジサイの横では百合の大きな蕾がラッパのように弾け、ピンクや白の花弁の真
ん中にカマキリの頭のような雌しべがカマのような雄しべを振りかざしているよ
うに見える。

Img_7969-s

Img_7972-s

ベニスモモの赤黒い葉の下ではカワヒラが雨宿りしながら餌を探している。

Img_7980s


R1.7.7

| | Comments (0)

« June 2019 | Main | September 2019 »