« 誰が渡る橋?(圏央道 小西跨道橋) | Main | 小松川境川親水公園(東京都江戸川区) »

新川・古川親水公園(東京都江戸川区)

1401030034s

 小松川境川親水公園の終点から中川左岸に沿って堤防を下り江戸川競艇場をぐ
るりと回って新大橋通り、都営新宿線の下を進むと新川 西水門。
昔の灯台小屋のような木造建物と、一本残る大きなコンクリート橋脚が遠くから
でもよく目立ちます。
1401030032s

その先の直径1.5m程もある排水管が3本出ている新川排水機場からは新川の水
を中川に放流中。
1401030039s

スズカモ浮ぶ水辺を西に進み船堀街道、一之江通りを横切り三角橋の手前に真新
しい木造の小江戸橋、橋の東寄りに江戸風芝居小屋のような建物 新川さくら館、
昨年できたばかりの新しい施設らしくポスターで正月獅子舞、江戸大神楽の案内
がされています。 
小江戸橋から三角橋を挟んだ一帯は江戸時代の河岸風にしてあり、岸部に桜並木
を作る新川千本桜の計画があると記されています。
1401030044s

三角橋の先、新川橋の二之江排水場から古川親水公園に入ります。
スタート地点の説明板を読んで知識を仕入れます。
__________________________________
・古川はその昔、船堀川と呼ばれ行徳の塩等を江戸に運ぶ重要な水路として利用
 されていた。
・寛永6年(1629)、現在の三角付近から東へ新たな水路として新川が掘られこれ
 により水運の役目は新川に移り、三角付近から東の船堀川は古川と呼ばれるよ
 うになった。
・古川は地元の産物などを運ぶ身近な川として地域の生活を支えたが都市化の波
 により雑排水による汚濁の漂う水路と化した。
・地域の人々と江戸川区は「古川の清流を再び取り戻そう」と決意、昭和49年
 全国初の親水公園として古川を甦らせた。
__________________________________
1401030058s

特徴ある赤門の妙光院を過ぎ 環七道路を渡ると二之江神社で大欅の解説があり
ますが、見ると根本から分かれた幹が半分切られていますが、それを補うように
前の妙勝寺、けやき公園に欅が聳えています。
1401030067s

水路終点から真福寺 宇田川家長屋門を見ながら進むと江戸川堤防。上流方向に
新中川合流の今井水門が見えました。

                           H26.1.3
1401030077s


|

« 誰が渡る橋?(圏央道 小西跨道橋) | Main | 小松川境川親水公園(東京都江戸川区) »

水辺の散歩」カテゴリの記事

Comments

織田信長

Posted by: 古川親水公園 | February 03, 2020 05:39 PM

古川親水公園

Posted by: 藤沼建人 | February 03, 2020 05:39 PM

藤沼建人

Posted by: 小石川植物園 | February 03, 2020 05:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新川・古川親水公園(東京都江戸川区):

« 誰が渡る橋?(圏央道 小西跨道橋) | Main | 小松川境川親水公園(東京都江戸川区) »