« 大岡川(桜木町~京急杉田) | Main | 巴波川(JR小山~東武新栃木) »

アリブレデザインとオートキャド

三次元図形ソフトのアリブレデザインを使って立体図面を作成しようとする場合、
その基本になる二次元図形をアリブレで作成するのは曲線の入り組んだ複雑な
形状の場合は少々面倒です。

今までに作り溜めたAutoCADのデータを活用できればぐんと楽になります。 

そこでAutoCADデーターをDXF形式に変換のうえアリブレデザインの
インポート機能を使って読込み、所定の位置に貼り付けできないものか色々試し
てみました。

最初の頃は適当に読込んだDXF形式の図形データをアリブレ側で設定した平面
に読込むと、原点(0,0)から離れたとんでもない位置に貼り付けられ訳が分から
なくなりました。

根気良く何回も試している内に次の事が分かりました。

 ①AutoCAD(二次元CAD)の絶対原点(0,0の位置)に配置した図形は
  DXF変換した後、アリブレデザイン(三次元CAD)読込むと、アリブレ
  側で設定した平面の絶対原点(0,0の位置)に読み込まれる
 ②従ってAutoCAD側で絶対原点から距離A離れた位置に置いた図形は
  DXF変換してアリブレデザイン側に読込むと そこでも原点から距離A
  離れた位置に配置される
 ③AutoCADで作成する図形は基本的にはXY平面のみに対しアリブレ
  は、XY、YZ、ZXの三平面が準備されている
 ④アリブレデザインのXY平面に図形の正面を表現する場合
  縦方向に伸びる部材はXZ平面に指定して読込むと[押出しコマンド]で
  XY平面の上下方向に伸び、横に伸びる部材はYZ平面に指定して読込む
  と左右方向に伸びる

そこでAutoCADデータを活用して立体図形を作るには
 ⑤AutoCADで中心が絶対原点(0,0)となるような図枠を作り、それに
  立体表現したい断面を作成する、断面の中心は原点からX方向又はY方向に
  距離Aを指定して配置する
 ⑥このデータをDXF変換のうえアリブレデザインにインポートし、そこから
  コピーのうえパーツ図面に貼り付けして[押出しコマンド]で必要な長さに
  伸ばし立体図形を作る
 ⑦アリブレデザインは1ファイルに1部品ずつ読込むので構成する部品の数だけ
  パーツフイルを作る
 ⑧アセンブリー図面で作成したパーツファイルを全て読込むだけで立体図形が
  完成する

上記のような事を頭に入れて、今までAutoCAD側で蓄積されたデータを
アリブレデザイン側に読込み、面倒なアリブレデザイン側でのパーツ用平面図形
の作成を省き、基本的な[押出しコマンド]、[押出しカット]コマンドの使用のみ
でアセンブリ画面での位置合わせと調整の操作をする事無く三次元図形を作る事
ができました。

今回は簡単な額縁の作成をやってみましたが[アセンブリ]作成段階で[精密配置]
を使えば更に入り組んだ図形の表現ができるので研究してみたいと思います
 
                          H21.6.6

Led


Led_2

|

« 大岡川(桜木町~京急杉田) | Main | 巴波川(JR小山~東武新栃木) »

アリブレデザイン(Alibre Design)の使い方研究」カテゴリの記事

Comments

ロレックスチェリーニスーパーコピー腕時計販売特集!
ロレックスチェリーニスーパーコピーN品を低価でお客様に提供します。
ロレックスコピー,【2~9万円】スーパーコピーロレックス時計大特価通販!
スーパーコピー時計 https://www.yutee007.com/protype/list-197.html

Posted by: スーパーコピー時計 | June 07, 2020 04:36 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アリブレデザインとオートキャド:

« 大岡川(桜木町~京急杉田) | Main | 巴波川(JR小山~東武新栃木) »