« 三国志 | Main | 八千代男性合唱団定期演奏会 »

柳瀬川、空堀川

Pict0026s

柳瀬川、空堀川

3年前の六月の快晴の日、志木市役所前から柳瀬川に沿って歩きました。

志木市役所前に村山快哉堂 という昔の薬屋の建物が保存展示されていました。
落ち着きのある二段屋根に虫籠窓の姿の良い建物で、阪神にいた村山投手が巨人を
完封して快哉を叫んでいる姿を連想させるその名前がユニークです。

新河岸川との合流点から柳瀬川右岸に沿って遡りました。
この川はコンクリート護岸が無く、平らな岸に草が生い茂っている川本来の姿をし
ている伸びやかな景色で、暫くすると遊歩道になり桜の木陰を進みました。

志木中学の横で柳瀬川に生息する魚を水槽に入れて展示されていました。
黒板に紹介されている本日の生息している生き物は次のようなものでした。
セイゴ、ドジョウ、コイ、アユ、モツゴ、オイカワ、メダカ、ギンブナ、テナガエビ、
ヌマチチブ、ボラ、ウナギ、ウキゴリ、ナマズ、ウグイ、マハゼ

東武の柳瀬川鉄橋を過ぎると倉庫、鉄骨の工場などが現れて新座市に入り木陰も切
れて暑くなってきました。

清瀬市に入ると武蔵野線が見え 深緑の木立に囲まれた川に青緑の鉄橋が架かり
オレンジの電車が快走して行きました。
Pict0063c


金山調節池 緑地公園を経て清瀬せせらぎ公園を通過すると空堀川にでます、水量
は柳瀬川に較べてぐんと少なく殆ど流れているように見えません。

でも水は綺麗なようで僅かな水たまりで子供が自転車を川に入いれて楽しげに遊んで
いるのや、川原のタチアオイの群生しているのを眺めて歩いている内に西武の久米川
駅に到着しました。

Pict0094s

|

« 三国志 | Main | 八千代男性合唱団定期演奏会 »

水辺の散歩」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91786/15332421

Listed below are links to weblogs that reference 柳瀬川、空堀川:

« 三国志 | Main | 八千代男性合唱団定期演奏会 »